スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/12-cda5e688
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from media debugger

Home > スポンサー広告 > 64年目の8.15 (6)

64年目の8.15 (6)

■目次
(1) はじめに
(2) 「平和国家」日本が欲する「第二の靖国」(読売)
(3) 「戦争のリアリティー」を語る立場の占領(朝日)
(4) 戦後責任から「エコ」への逃走(毎日)
(5) 日本人戦没者への「戦後責任」としての改憲(日経・産経)
(6) 日本人は誰に対して憲法9条を負っているのか(東京)
(7) おわりに

(7) おわりに

 これまで、読売・朝日・毎日・日経・産経・東京の六紙について、8.15の社説を分析してきたが、それは各紙を比較検討するためではまったくない。というか、北朝鮮に対する常軌を逸したバッシング――凄まじい差別にもとづくダブルスタンダードの横行――が世論の基調とさえなっている現状で、各紙に(「国益」論への適合レベルで)違いを求めても虚しいだけだと思う。

 各紙は、産経が適切に述べているように、同じ「日本丸」に乗っているのであり、自分たちがひたすら突き進む先を、それぞれ別の言葉で語っているにすぎない、と理解するべきだろう。各紙の社説は、いわば同一のパズルのピースのようなもので、重要なのは、個別のピースを比較することではなく、それらを組み合わせて全体像を把握することである。

 といっても、このパズルはそれほど複雑なものではないらしく、すでに論点はかなり出揃っているように思う。

1.「対テロ戦争」や改憲などの「国益」論的政策全般の正当化(読売・朝日・日経・産経)

2.国立追悼施設の設置(読売)

3.天皇制ナショナリズムによる国家の再統合(読売・日経)

4.戦争の記憶の国民的自閉(朝日・読売・日経・産経・東京)

5.植民地支配・侵略戦争の責任から切断された「戦後補償」――「和解」――の推進(朝日)

6.沖縄戦の記憶の「国民化」による沖縄の国民国家への回収(日経)

7.レイシズムの全面化(東京)

8.2~7による護憲派の自壊と1への集団転向(東京)

※なお、毎日がどこにもいないことは、特に気にしないでいただきたい。

 欲を言えば、東アジア共同体への言及があればもっとよかったのだが、いずれも民主党政権下で強力に推進されるだろう政策および現象であると言えると思う。今後いっそうの警戒が欠かせないだろう。

 最後になるが、8.15の社説を読みながら、ふと自衛隊が最初に海外に派兵されて間もない1990年代初頭のことを思い出した。当時、自衛隊の海外派兵の是非について世論が二分されていたことを思えば、すっかり隔世の感があるのだが、私が思い出したのは、むしろ当時においても戦前と隔絶することのない、日本というものの不気味なあり方である。


 カンボジアでのPKO活動に参加する自衛隊員に対し、エイズ対策のために避妊具を配布することが防衛庁内で検討されていることが報道された(『朝日新聞』1992年8 月14日)。結局、世論の批判を受けたこともあって取り止めになったが、もし配布されたとすれば、それはカンボジアやタイなどの娼婦に対して使われることになっただろう。

 その後、あるジャーナリスト(元毎日新聞論説委員)が次のような文を発表した。

 「カンボジアで行く自衛隊員は半年交替だそうです。しかし健康で若い男に半年間辛抱しろと命じるのはムゴイことです。かといって手近な女性に手を出せば、カンボジアはタイA型エイズウィルスのすぐ近くです。冗談ではなしに、私は従軍慰安婦を送るのも一案だと考えています。何もセックスの相手をしなくてもいい。音楽を聞かせ、お茶を出してくれる女性がいるだけで、殺伐たる男社会の空気はなごむものなんです。」( 徳岡孝夫「PKOに従軍慰安婦?」『家庭の友』1992年11月)


 林博史:「マレー半島における日本軍慰安所について」
 http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper09.htm

 私がこのニュースを知ったのは、当時から数年後のことだったが、あのとき感じた底が抜けるような感覚は、今でも鮮明に覚えている。その頃には、アジアの被害者からの戦後補償要求に対するバックラッシュがすでに吹き荒れており、衝撃を受けながらも、私は一方でこのニュースに奇妙な納得を感じてもいた。結局、これがPKO論議の本質を見事に物語っているのではないか、という気がした。これこそが、日本というものの正体ではないのか、と。

 自衛隊のカンボジア派兵から17年、日本では他者への想像力が日々壊死している。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/12-cda5e688
Listed below are links to weblogs that reference
64年目の8.15 (6) from media debugger

Home > 侵略責任 > 64年目の8.15 (6)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。