スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

名無しの権兵衛 URL 2011-03-20 (日) 07:33

突然の書き込み失礼します。
原発の話には関係無く申し訳ないのですが。
3/20のyahooニュース 窃盗続発、通報250件=他都県応援、パトロール強化―真偽不明のうわさも・宮城(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000017-jij-soci) という記事に多くのコメントが書き込まれています。
これらのコメントのほとんどが、「犯罪は外国人の仕業だ」という外国人に対する差別意識を剥きだしにしたものです。
私はこれらのコメントをみると、「国家翼賛体制」はすでに完成されていると思えてきます。
佐藤優も「この大震災を機に「国家翼賛体制」を完成させることの勝算」があると考えているどころではなく、「国家翼賛体制」はすでに完成されていると見ているのではないでしょうか。

m_debugger URL 2011-03-21 (月) 21:36

書き込みありがとうございます。

ご指摘は理解できますし、ただでさえレイシスト的な日本社会がますます急激にレイシスト・ステージを上げていることは、本当に不気味で腹立たしいことです。
ただ、「国家翼賛体制」はレイシズムだけで完成するわけではなく(この点から言えばすでに完成の域にあると私も考えます)、政府を公的に批判する人々が一定層存在すれば(もっとも「右」からの批判ではどうしようもないですが)、国家翼賛体制が完成しているとまでは言えないし、だからこそ佐藤は政府批判をタブー化することでそれを完成させようとしているのだろうと思います。

福島原発をめぐる政府や東電の対応には、少なくない国民が批判の声を挙げています。この批判がナショナリズムに軒並み回収されていけば(一部はもうそうなっていますが)、国家翼賛体制は完成するのではないかと思います。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/133-7f5974b7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from media debugger
Trackback from マスコミに載らない海外記事 2011-03-15 (火) 22:14

TPPA文書公開を要求する署名公開質問状

以下は、ニュージーランドの団体のweb翻訳記事 月曜日に始まるチリでの交渉を前に2月10日水曜午後5時公開質問状への署名締め切り。 ‘TPPA文書を公開せよ’署名公開質問状 2011年2月10日 ニュージーランド首相、ジョン・キー閣下 ニュージーランドの選挙で選ばれた代表者?... (more…)

Trackback from マスコミに載らない海外記事 2011-03-20 (日) 15:41

東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し

2011年3月14日月曜日 Greg Palast、truthout 東京電力はアメリカで原子力発電所建設予定: 日本の悲惨な原子力発電運営者についての貸借対照表情報は皆無 東京電力による建設が予定されているテキサス州の原子力発電所。(写真: NINA) 私は、皆様に、記者としてではなく、い... (more…)

Home > スポンサー広告 > 続:大震災に便乗する佐藤優

続:大震災に便乗する佐藤優

 いやー、さすがにこれはないだろ。


現在、われわれがかけなくてはならないのは「頑張れ東京電力!」というエールだ。


 【佐藤優の眼光紙背】:「頑張れ東京電力!」
 http://news.livedoor.com/article/detail/5412425/

 これは民主党―東電の原発(輸出)利権と何か関係があるのでしょうか・・・と思ってしまうが、ここまで言うからには佐藤にはよほどの勝算があるのだろう。この大震災を機に「国家翼賛体制」を完成させることの勝算が、である。実際、この記事が更新されてからのコメントには佐藤に肯定的なものが圧倒的に多くなってきているし、個人的にも(原発に反対している)友人から、今さら政府や東電を批判しても仕方がないのではないかといった意見を聞かされた(もちろん反論したが)。

(1)原発事故はあってはならない。
(2)しかし、現実に原発事故があったからには、原発を推進してきた政府や東電(上層部)を全力で支えるのが国民の責任というものである(批判は後からいくらでもできる)。
〔中略〕
(4)途上国に原発を輸出して日本経済を復興させよう(「大震災の教訓」はむしろセールスポイントになるかもしれない)。

 佐藤に(4)の意図があるかどうかは知らないが、(1)・(2)の論理は、まさに日本の左派が――とりわけ「七・七事変」(いわゆる「盧溝橋事件」)以降――アジア侵略を容認し、積極的な加担に転じる際の自己弁明として用いたものだと言える(佐藤は国家翼賛体制の総仕上げをしようとしているのだから当然だが)。

(1)侵略はあってはならない。
(2)しかし、現実に天皇制政府が侵略を始めた以上、それを全力で支えるのが国民の責任というものである(批判したり抵抗したりする連中は非国民だ)。
〔中略〕
(4)途上国に自衛隊を派兵して日本企業の海外展開を支えよう(憲法9条はむしろセールスポイントになるかもしれない)。

 佐藤は3月12日の記事で、「地震専門家は今後1カ月は大きな余震と津波の可能性があると述べている。その期間はきわめて緊張度が高い国家非常事態だ。これに対応した翼賛体制が必要とされるのである。この危機を乗り切るという明確な目的意識をもって筆者も言論活動を行う」と述べている。国家翼賛体制を実質的に容認する左派に向けて自己弁明の餌を投げ与えるような佐藤の「言論活動」にも拍車がかかるだろう(何も「こんなとき」にあえて、朝鮮学校に対する「無償化」排除について、政府の責任を追及しなくてもよいだろう、云々)。日本人よりもはるかに孤立した厳しい状況に置かれている外国人に対する支援も、後回しにされて当然だという<空気>が、一層支配的になるだろう。


 最後になるが、諸外国も東日本大震災に対する日本政府と日本国民の反応を注意深く観察している。国際社会では弱肉強食の論理に従い、自国の権益を露骨に拡張しようとする帝国主義的傾向が強まっている。ここで大震災に対して日本人が団結し、対処する姿勢を示せば、中国は尖閣諸島に対する挑発行為を躊躇するようになり、ロシアも北方領土問題で対日強硬策をとることの危険を察知するようになる。


 【佐藤優の眼光紙背】:「国家翼賛体制の確立を!」
 http://news.livedoor.com/article/detail/5409634/

 今回の大震災を受けて、中国政府は約3.8億円に相当する援助物資の提供を開始した。ロシア政府は救助部隊や救援物資の提供を検討しているし、韓国からはすでに100人以上の救助隊が送られ、地方自治体や民間団体でも20億円以上の募金が集められているという。朝鮮赤十字会からも、「貴国の東北部地方で発生した前例のない地震と津波により、多くの人命被害と物質的損失があったという不幸な便りに接し、朝鮮民主主義人民共和国赤十字会の名であなたと被害者、その家族に深い同情と慰問を伝える」という哀悼が寄せられている3月14日付の聯合ニュースは、「日本の地震被害に、北朝鮮が哀悼の電文を発送するのは、極めて異例のことだ」などと報じているが、これは異例でも何でもない。日本ではまったくと言ってよいほど知られていないが、朝鮮民主主義人民共和国政府は、2004年10月の中越地震の際にも国際赤十字社などを通じて日本に計13万ドルの支援を行っている)。

 大震災に便乗して「国家翼賛体制の確立」を絶叫している佐藤は、こうした「国際社会」の対応が、自身の言説と比べてどれほど「帝国主義的傾向が強」いのか、誰にでもわかるように説明してみせろ(と言いたい)。

Comments:2

名無しの権兵衛 URL 2011-03-20 (日) 07:33

突然の書き込み失礼します。
原発の話には関係無く申し訳ないのですが。
3/20のyahooニュース 窃盗続発、通報250件=他都県応援、パトロール強化―真偽不明のうわさも・宮城(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000017-jij-soci) という記事に多くのコメントが書き込まれています。
これらのコメントのほとんどが、「犯罪は外国人の仕業だ」という外国人に対する差別意識を剥きだしにしたものです。
私はこれらのコメントをみると、「国家翼賛体制」はすでに完成されていると思えてきます。
佐藤優も「この大震災を機に「国家翼賛体制」を完成させることの勝算」があると考えているどころではなく、「国家翼賛体制」はすでに完成されていると見ているのではないでしょうか。

m_debugger URL 2011-03-21 (月) 21:36

書き込みありがとうございます。

ご指摘は理解できますし、ただでさえレイシスト的な日本社会がますます急激にレイシスト・ステージを上げていることは、本当に不気味で腹立たしいことです。
ただ、「国家翼賛体制」はレイシズムだけで完成するわけではなく(この点から言えばすでに完成の域にあると私も考えます)、政府を公的に批判する人々が一定層存在すれば(もっとも「右」からの批判ではどうしようもないですが)、国家翼賛体制が完成しているとまでは言えないし、だからこそ佐藤は政府批判をタブー化することでそれを完成させようとしているのだろうと思います。

福島原発をめぐる政府や東電の対応には、少なくない国民が批判の声を挙げています。この批判がナショナリズムに軒並み回収されていけば(一部はもうそうなっていますが)、国家翼賛体制は完成するのではないかと思います。

Comment Form

Trackback+Pingback:2

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/133-7f5974b7
Listed below are links to weblogs that reference
続:大震災に便乗する佐藤優 from media debugger
Trackback from マスコミに載らない海外記事 2011-03-15 (火) 22:14

TPPA文書公開を要求する署名公開質問状

以下は、ニュージーランドの団体のweb翻訳記事 月曜日に始まるチリでの交渉を前に2月10日水曜午後5時公開質問状への署名締め切り。 ‘TPPA文書を公開せよ’署名公開質問状 2011年2月10日 ニュージーランド首相、ジョン・キー閣下 ニュージーランドの選挙で選ばれた代表者?... (more…)

Trackback from マスコミに載らない海外記事 2011-03-20 (日) 15:41

東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し

2011年3月14日月曜日 Greg Palast、truthout 東京電力はアメリカで原子力発電所建設予定: 日本の悲惨な原子力発電運営者についての貸借対照表情報は皆無 東京電力による建設が予定されているテキサス州の原子力発電所。(写真: NINA) 私は、皆様に、記者としてではなく、い... (more…)

Home > 日本人原理主義/レイシズム > 続:大震災に便乗する佐藤優

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。