スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/150-013e3fd1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from media debugger

Home > スポンサー広告 > 佐藤優と読む『狂人日記』の最先端

佐藤優と読む『狂人日記』の最先端

 週末までちょっと慌しくなってしまったので、今日はメモ箱の中から最もくだらないネタを短時間で紹介する。『環』の最新号(2011年春号、Vol.45)に(レイシスト的)「TPP批判」の一貫として掲載された、エマニュエル・トッドと日本の「各分野の第一線で活躍する識者」(p.186)との「座談会」から(強調は引用者による)。


佐藤〔優〕 中国の識字率の向上とともに、日本の実質的な識字率の低下が起きていると思います。

トッド フランスでも同じ議論があります。私もこの問題で(テレビ)討論に参加すると、必ずフランス国民の識字率の低下を主張する人がいて、私はとんでもないと否定しますが、日本についてはおっしゃるとおりなのかもしれません。

佐藤 実質的な識字率に関して、問題の本質は何かというと、ユルゲン・ハーバーマスが言っている順応の気構えの問題です。大量に得られる情報に対して、一つ一つのチェックをするのにエネルギーがかかり過ぎる。そして情報を受動的にとってしまう習慣がついてしまうために、実質的な識字率が落ちてしまうんです。

トッド 日本の新聞の発行部数が非常に多いということは、どういうふうに説明なさるのでしょうか。フランスのジャーナリストにとっては、本当に夢のような話です。

佐藤 魯迅の『狂人日記』という小説を読むことをお勧めします。主人公が中国の古典書を全部読みます。そこから、三つの漢字だけを選び出します。そこから三つの字だけが頭に入ります。人間、肉、食べる、古典は人の肉を食べることを教えていると、主人公は理解します。多くの人たちは新聞を読んで、特定の文字だけを拾って、独自の解釈をしています。

トッド 確かに現在のデータから見ると、読んでいることを全部理解しているとは言えません。でもその差は、一九〇〇年代だって同じことなので。識字率そのものが、完璧なものというわけではありません。(p.213)


 ???これは何ですか?佐藤の読んだ魯迅の『狂人日記』というのは、私が読んできた魯迅の『狂人日記』とはまったく別の、同姓同名の著者による同タイトルの駄本なんでしょうか?いや、それは私の甘すぎる幻想で、たぶんきっと同じ本なんですよね?木下和郎氏に倣って言えば、「私は佐藤優を買い被りすぎたかもしれません」。

 そもそも――「識字率」に関する佐藤のウンチクも充分おかしいと思うが、それはリンク先の木下氏の文章を読んでいただくとして――、『狂人日記』を読解力の欠如の物語として読めてしまえるほど読解力のない人間が実在するというだけでも俄かには信じがたいのに、それがご丁寧にも現代日本の「知の巨人」なのだから、まさしく魯迅の言うところの絶望そのものである。私が『狂人日記』を最初に読んだのは中学校のときだったが(確か『阿Q正伝』が課題図書になっていて、そのついでに読んだ記憶がある)、当時でさえ、佐藤のように小説の「特定の文字だけを拾って、独自の解釈を」するような芸当はできなかった。もちろん、作品自体をそれほど深く理解できていたわけではなかったと思うが、それでも読後は、主人公の「病」が「すでにいえて」いるという設定に暗然としたものだった。

 もっとも、一般的な魯迅の読者であれば、このあたりは多言を要さず(というか当たり前すぎて逆に説明が難しい)、佐藤の読解力のなさに取り急ぎ暗然とするだろうが、佐藤と同等もしくはそれ以上の読解力のなさをウリにして、「文学界」の最先端を独走しているらしいのが亀山郁夫である(私も『カラマーゾフの兄弟』は読んでいるので、これは実感を込めて言っている)。そして――もはや予定調和のようなものであるが――佐藤は亀山ともお近づきになっている。どちらが選んでいるのか知らないが(たぶん両方だろうが)、重畳極まりないことである。佐藤や亀山を重用する出版業界の将来性を信じるのは、買ってもいない宝くじが当たる確率を信じるよりも難しい相談かもしれない。

 連絡船:「「些細なことながら、このようなニュアンスの違いの積み重ねによって読者は、少しずつ、しかし確実に原典から遠ざけられて行く。」その一六」
 http://d.hatena.ne.jp/kinoshitakazuo/20100225

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/150-013e3fd1
Listed below are links to weblogs that reference
佐藤優と読む『狂人日記』の最先端 from media debugger

Home > メモ箱 > 佐藤優と読む『狂人日記』の最先端

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。