スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

jimpower URL 2009-10-27 (火) 13:21

どうもこんにちは。

> 鳩山の演説に嫌悪感なり恐怖心なり軽蔑感なりを抱かないなら、それはその方がおかしい

「リベラル・左派」がこの後どういう反応を示すかはまだわかりませんが、少なくともこういう文脈で「維新」という言葉が出てくる時点でヤバい匂いを感覚的に嗅ぎ付けて欲しいなとは思います。
例えば首相がどうやら素で称揚しているらしい「明治維新」にしても、字面はともかく英訳だと"Meiji Revolution"ではなく"Meiji Restoration"、すなわち「革命」とかではなくてむしろ逆の「復古」というニュアンスで訳され捉えられることの方が多いと聞きます。

m_debugger >jimpowerさん URL 2009-10-27 (火) 22:33

コメントありがとうございます。

>「リベラル・左派」がこの後どういう反応を示すかはまだわかりませんが

私もざっと見ただけなのですが、左からの実効的な批判はほとんどないようです。というか予想通り絶賛されていました。

>少なくともこういう文脈で「維新」という言葉が出てくる時点でヤバい匂いを感覚的に嗅ぎ付けて欲しいなとは思います。

エントリーを書いてから気づいたのですが、「あれはイスラエルの首相が「建国の理念」に燃えた演説をぶつくらい気持ち悪いと思う」くらい書いておかないと、明治に対する批判意識のないリベラル・左派にはまったく伝わらないでしょうね。
「維新」という言葉がスルーされるどころか、むしろ持てはやされているようですから。

>「明治維新」にしても、字面はともかく英訳だと"Meiji Revolution"ではなく"Meiji Restoration"、すなわち「革命」とかではなくてむしろ逆の「復古」というニュアンスで訳され捉えられることの方が多い

これは初めて知りました。
確かに「大政奉還」と「王政復古」もそういう文脈ですよね。

ZED 耐えられない「維新」という言葉のキモさ URL 2009-10-28 (水) 00:20

「維新」って言葉キモイですよね。明治維新からあの狂気の軍事国家大日本帝国が始まった事を考えるととても褒められたもんじゃないんですが。まあ、実を言うと朝鮮・韓国人にも「維新」という言葉を愛好するバカがいない訳じゃありません。長州力とか前田日明とか朴正熙とか(笑)。こいつら全員プレーン(筋肉)ばっかりでブレーン(脳味噌)のないプロレスラーか軍人という体育会系親日派という点がものの見事に共通している訳ですが、まあこんな下等な連中の話は本題でないので今回は置いときます。(プロレスラーと軍人の全てが脳味噌なしという訳ではないので念の為)
日本の「明治維新」がある種の日本人にとって栄光ある近代化の一歩であるのに対して、アイヌや沖縄やアジア各国にとってはあまりに暗いという事を知るべきでしょう。口では「アジア重視」と言いながらアジア侵略のスタート地点である「維新」なんて事を言う辺りが鳩山民主党の限界じゃないでしょうか。臨検法案や普天間基地もそうですが、八ッ場ダムの件も「再検証」と言い出す始末で怪しい雲行きになってます。落ち目の石原や森田がそんなに怖いのか? これを見てると民主党の天下もそう長くないかも知れません。少なくとも「日本国民」がまともな感覚の持ち主であれば来月辺りには民主党の支持率が急落して当然だと思います。「日本国民」の多くがまともであれば、ですが。
明治維新や2.26事件的な「青年将校の反乱」というのを日本人は好むようです。しかし、これこそ日本人が克服すべき精神的な問題でしょう。日本人の多くは明治維新や2.26事件を好みますが、同じ軍人のクーデターでもエジプトのナセルやブルキナファソのトマス・サンカラ(通称アフリカのゲバラ)、ベネズエラのウーゴ・チャベスを賞賛する日本人はあまりいないという事実に全てが象徴されているような気がします。天皇の為のクーデターと貧民の為のクーデターとではあまりに落差がありすぎる。そして前者がもてはやされるのが、悲しいかな今の日本の現実です。自分達を迫害して貧困に追いやる存在を歓迎しちゃってる訳ですから。はっきり言えば明治維新や2.26事件は「国を憂う青年軍人の行動」として見ても世界的にレベル低過ぎっ、て事です。それを支持しちゃう人達もね。
ちなみに小説家の早乙女貢氏が書いていた事ですが、明治維新の「偉人」について批判的な事を書くと読者からものすごい量の抗議投書が来るそうです。しかもその内容が「私の坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)様はそんな人じゃありません」という話にならない感情的な内容の投書ばかりだそうで。あるいは戦国時代の織田信長などの有名武将を批判的に書いても同じ事になるかも知れません。
で、西郷隆盛や福沢諭吉を持ち上げた佐高信の本にはそういった類の抗議投書は1通も来なかったでしょうね。間違いなく。
「維新」なんて言葉に酔いしれるのはかわぐちかいじの漫画くらいで打ち止めにして欲しいものです。ちなみにかわぐちかいじは安倍晋三や麻生太郎、石破茂、中川昭一といった政治家に絶大な影響を与えた漫画家であり、噂の真相の記事によると彼らは口を開けばかわぐちかいじや弘兼憲史の漫画がどうだこうだと語ったそうです。いわく「(安倍達の身勝手さは)酒鬼薔薇や当時子供を殺して騒がれた長崎の中学生と変わらない」と。いわば彼らの漫画がこうした政治家の政策を決定付ける「バイブル」でした。

m_debugger Re: 耐えられない「維新」という言葉のキモさ URL 2009-10-28 (水) 23:08

>ZEDさん

こんにちは。

>日本の「明治維新」がある種の日本人にとって栄光ある近代化の一歩であるのに対して、アイヌや沖縄やアジア各国にとってはあまりに暗いという事を知るべきでしょう。口では「アジア重視」と言いながらアジア侵略のスタート地点である「維新」なんて事を言う辺りが鳩山民主党の限界じゃないでしょうか。

明治栄光論って、他にちょっと例がないほど最悪なDV史観だと思うのですが、「ある種の日本人」にかなりのリベラル・左派が含まれているらしいのが恐ろしいですね。
「戦後日本」は徹底的に根本から問い直さないと、もうどうしようもないと思います。

>日本人の多くは明治維新や2.26事件を好みますが、同じ軍人のクーデターでもエジプトのナセルやブルキナファソのトマス・サンカラ(通称アフリカのゲバラ)、ベネズエラのウーゴ・チャベスを賞賛する日本人はあまりいないという事実に全てが象徴されているような気がします。

左派の間ではラテンアメリカに対する関心はかなり高いようですけどね。
ただ、最近の論調を見ていると、その大半は、結局のところ(あるべき)対米関係へと収斂されていく形での「関心」でしかなかったのかもしれないとも思います。

>「私の坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)様はそんな人じゃありません」

坂本竜馬にしても朝鮮侵略を(条件つきで)支持したわけで、明治維新の「偉人」で(反植民地主義の)歴史の再審を免れる人物はいないでしょう。

問題は、歴史の再審を「告発史観」として批判する人たちが、「つくる会」に代表される右派の歴史修正主義者だけではないことでしょうね。
こういう人たちは、「坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)はそんな人だったかもしれませんが、後世の人間にとやかく言われる筋合いはありません」と言うわけで、なまじ学問的な(?)装いをしている分だけ、上記のファンよりもタチが悪いと思います。

>ちなみにかわぐちかいじは安倍晋三や麻生太郎、石破茂、中川昭一といった政治家に絶大な影響を与えた漫画家であり、噂の真相の記事によると彼らは口を開けばかわぐちかいじや弘兼憲史の漫画がどうだこうだと語ったそうです。

戦国武将に学ぶビジネスの秘訣的な本が無駄に売れる国ですから。
政治家だけではなく一般社員でも「俺は坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)の再来だ」と勘違いしている人は多いのではないでしょうか。
「島耕作は俺だ」というのも多そうですが・・・。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/31-f0dd2e8c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from media debugger

Home > スポンサー広告 > 「明治維新よ、再び!」――鳩山首相の所信表明演説

「明治維新よ、再び!」――鳩山首相の所信表明演説

【11/7 追記】一部修正しました。

 鳩山首相が本日国会で所信表明演説を行った。明日には一部のリベラル・左派系ブログで感涙にむせぶエントリーが続出しそうな予感がするので、先に雑感を書き留めておく。

 いみじくも鳩山本人が述べているように、民主党主導政権がこれから行おうとしていることは、明治維新の現代版であると考えて差し支えないだろう。明治維新が朝鮮侵略と密接不可分であったように、「国民の暮らしを守るための」「今日の維新」は、「対テロ戦争」および「対新自由主義戦争」の延長線上にあると捉えるべきだと思う。

 最新(10月23日)号の『週刊金曜日』の特集「NGOは新政権に何を期待するか」が典型的な例だと思う(これについては別途エントリーで取り上げる)が、リベラル・左派の多くは、自らを民主党に対する「優秀」な叱咤激励役(主観的には教師役のつもりなのだろうが、有体に言えば単なる応援団である)として再編しているようである。けれども、仮に新政権下で民主党のマニフェストがすべて実現されるようなことがあったとしても、それらは国民主義的な施策でしかないのだから、以前のエントリーで指摘した状況は、改善に向けて変化するどころか、より固定化されるだろう。


 エネルギー自給率が4%、食糧自給率が40%にすぎない日本が、今後も「先進国」としての生活水準を維持しようとするなら、海外に展開する日本企業による「途上国」からのさらなる収奪と、国内の外国人労働者からのいっそうの搾取が不可欠である。そして、そのためには、「途上国」の「安定」を確保するための自衛隊の海外展開と、国内の「治安」を維持するための外国人の管理体制の強化が求められることになる。


 話を戻して、以下に鳩山の所信表明演説の一部を引用しておこう(強調は引用者による。以下同様)。


 日本は、140年前、明治維新という一大変革を成し遂げた国であります。現在、鳩山内閣が取り組んでいることは、言わば、「無血の平成維新」です。

 今日の維新は、官僚依存から、国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への、国のかたちの変革の試みです。

 新しい国づくりは、誰かに与えられるものではありません。現在の日本は、黒船という外圧もなければ、敗戦による焼け野原が眼前に広がるわけでもありません。そのような中で、変革を断行することは、先人の苦労に勝るとも劣らない大きな挑戦であります。

 つまずくこともあるでしょう。頭を打つこともあるやもしれません。しかし、後世の歴史家から「21世紀の最初の10年が過ぎようとしていたあの時期に、30年後、50年後の日本を見据えた改革が断行された」と評価されるような、強く大きな志を持った政権を目指したいと思っています。

 今なら間に合います。

 これまで量的な成長を追い求めてきた日本が、従来の発想のまま成熟から衰退への路をたどるのか、それとも、新たな志と構想力をもって、成熟の先の新たなる飛躍と充実の路を見いだしていくのか、今、その選択の岐路に立っているのです。

 私は、日本が正しい路を歩んでいけるよう、自らが先頭に立ち、国民の暮らしを守るための新たな政策を推し進めてまいります。


 読売新聞 [2009/10/26]:「「無血の平成維新」…所信表明演説全文6」
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091026-OYT1T00773.htm

 ・・・・・・いったい何をどうすればこれを持ち上げることができるのか理解不能なほど不気味な演説だと思うのだが、electric heel さんが考察しているように、「司馬史観」と<佐藤優現象>は相似形にあるので、上記のくだりに感動すらしてしまうリベラル・左派がいたとしても、まったく不思議はないのかもしれない。「司馬史観」や<佐藤優現象>にどっぷり漬かったリベラル・左派は、明治維新の必然の帰結として、約「30年後」には日清戦争が、約「50年後」には三・一独立運動が始まることも、思い起こそうとはしないだろう。中塚明が批判する司馬遼太郎の「朝鮮論」が、今日のリベラル・左派の朝鮮観にも引き継がれていることは、まずもって間違いないだろう(これは特に北朝鮮に対して顕著に見られるが、結局のところ、朝鮮の分断状況を自明視する発想そのものが、朝鮮人を見下す意識の産物であると思う)。


 ◆「近代朝鮮」黙殺の仕掛け

 司馬遼太郎は、李朝末期の朝鮮を論じて、「競争の原理を内部的にもたない、……それがいかに腐敗して朽木同然になっても、みずからの内部勢力によって倒れることがない。……他から倒されるほかない」と言っていることは前章で見た通りです。

 朝鮮を「内部からの変化は期待できない、他から倒されるほかない」と断定してしまえば、朝鮮の民衆や、あるいは国王や王妃など宮廷の人びと、また政治家たちがどうだったかということは、なにも述べる必要はないのです。また、朝鮮の内部にどんな変革の芽があらわれたとしても、そんなことは視野にも入らないでしょう。

 しかも、この筆法でいくと、あとで見るように、明治以後の日本が朝鮮になにをし、日本のしたことが、朝鮮の近代化にどんな影響を与えたとしても、そんなことも書かなくてよいことになります。まして、日本が朝鮮の社会的混乱を助長したり、朝鮮の社会に変化の芽があらわれたのを日本が摘みとったりしたとしても、そんなことも書かなくてすませることができます。

 こういう筆法が、司馬遼太郎の「朝鮮論」の「からくり」であり、『坂の上の雲』の「仕掛け」なのだ、と私は考えています。(▼1)


 鳩山の演説については、自民党の谷垣禎一が「民主議員はまるでヒトラー・ユーゲント」だと揶揄しているので、リベラル・左派は当然反発するのだろうが、新政権が翼賛的だという自民党の印象論は別に間違ってはいないだろう(その翼賛体制には当然自民党も含まれていると思うのだが)。リベラル・左派が、鳩山の演説に嫌悪感なり恐怖心なり軽蔑感なりを抱かないなら、それはその方がおかしいのである。


(▼1) 中塚明、『司馬遼太郎の歴史観――その「朝鮮観」と「明治栄光論」を問う』、高文研、2009年、pp.76-77

Comments:4

jimpower URL 2009-10-27 (火) 13:21

どうもこんにちは。

> 鳩山の演説に嫌悪感なり恐怖心なり軽蔑感なりを抱かないなら、それはその方がおかしい

「リベラル・左派」がこの後どういう反応を示すかはまだわかりませんが、少なくともこういう文脈で「維新」という言葉が出てくる時点でヤバい匂いを感覚的に嗅ぎ付けて欲しいなとは思います。
例えば首相がどうやら素で称揚しているらしい「明治維新」にしても、字面はともかく英訳だと"Meiji Revolution"ではなく"Meiji Restoration"、すなわち「革命」とかではなくてむしろ逆の「復古」というニュアンスで訳され捉えられることの方が多いと聞きます。

m_debugger >jimpowerさん URL 2009-10-27 (火) 22:33

コメントありがとうございます。

>「リベラル・左派」がこの後どういう反応を示すかはまだわかりませんが

私もざっと見ただけなのですが、左からの実効的な批判はほとんどないようです。というか予想通り絶賛されていました。

>少なくともこういう文脈で「維新」という言葉が出てくる時点でヤバい匂いを感覚的に嗅ぎ付けて欲しいなとは思います。

エントリーを書いてから気づいたのですが、「あれはイスラエルの首相が「建国の理念」に燃えた演説をぶつくらい気持ち悪いと思う」くらい書いておかないと、明治に対する批判意識のないリベラル・左派にはまったく伝わらないでしょうね。
「維新」という言葉がスルーされるどころか、むしろ持てはやされているようですから。

>「明治維新」にしても、字面はともかく英訳だと"Meiji Revolution"ではなく"Meiji Restoration"、すなわち「革命」とかではなくてむしろ逆の「復古」というニュアンスで訳され捉えられることの方が多い

これは初めて知りました。
確かに「大政奉還」と「王政復古」もそういう文脈ですよね。

ZED 耐えられない「維新」という言葉のキモさ URL 2009-10-28 (水) 00:20

「維新」って言葉キモイですよね。明治維新からあの狂気の軍事国家大日本帝国が始まった事を考えるととても褒められたもんじゃないんですが。まあ、実を言うと朝鮮・韓国人にも「維新」という言葉を愛好するバカがいない訳じゃありません。長州力とか前田日明とか朴正熙とか(笑)。こいつら全員プレーン(筋肉)ばっかりでブレーン(脳味噌)のないプロレスラーか軍人という体育会系親日派という点がものの見事に共通している訳ですが、まあこんな下等な連中の話は本題でないので今回は置いときます。(プロレスラーと軍人の全てが脳味噌なしという訳ではないので念の為)
日本の「明治維新」がある種の日本人にとって栄光ある近代化の一歩であるのに対して、アイヌや沖縄やアジア各国にとってはあまりに暗いという事を知るべきでしょう。口では「アジア重視」と言いながらアジア侵略のスタート地点である「維新」なんて事を言う辺りが鳩山民主党の限界じゃないでしょうか。臨検法案や普天間基地もそうですが、八ッ場ダムの件も「再検証」と言い出す始末で怪しい雲行きになってます。落ち目の石原や森田がそんなに怖いのか? これを見てると民主党の天下もそう長くないかも知れません。少なくとも「日本国民」がまともな感覚の持ち主であれば来月辺りには民主党の支持率が急落して当然だと思います。「日本国民」の多くがまともであれば、ですが。
明治維新や2.26事件的な「青年将校の反乱」というのを日本人は好むようです。しかし、これこそ日本人が克服すべき精神的な問題でしょう。日本人の多くは明治維新や2.26事件を好みますが、同じ軍人のクーデターでもエジプトのナセルやブルキナファソのトマス・サンカラ(通称アフリカのゲバラ)、ベネズエラのウーゴ・チャベスを賞賛する日本人はあまりいないという事実に全てが象徴されているような気がします。天皇の為のクーデターと貧民の為のクーデターとではあまりに落差がありすぎる。そして前者がもてはやされるのが、悲しいかな今の日本の現実です。自分達を迫害して貧困に追いやる存在を歓迎しちゃってる訳ですから。はっきり言えば明治維新や2.26事件は「国を憂う青年軍人の行動」として見ても世界的にレベル低過ぎっ、て事です。それを支持しちゃう人達もね。
ちなみに小説家の早乙女貢氏が書いていた事ですが、明治維新の「偉人」について批判的な事を書くと読者からものすごい量の抗議投書が来るそうです。しかもその内容が「私の坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)様はそんな人じゃありません」という話にならない感情的な内容の投書ばかりだそうで。あるいは戦国時代の織田信長などの有名武将を批判的に書いても同じ事になるかも知れません。
で、西郷隆盛や福沢諭吉を持ち上げた佐高信の本にはそういった類の抗議投書は1通も来なかったでしょうね。間違いなく。
「維新」なんて言葉に酔いしれるのはかわぐちかいじの漫画くらいで打ち止めにして欲しいものです。ちなみにかわぐちかいじは安倍晋三や麻生太郎、石破茂、中川昭一といった政治家に絶大な影響を与えた漫画家であり、噂の真相の記事によると彼らは口を開けばかわぐちかいじや弘兼憲史の漫画がどうだこうだと語ったそうです。いわく「(安倍達の身勝手さは)酒鬼薔薇や当時子供を殺して騒がれた長崎の中学生と変わらない」と。いわば彼らの漫画がこうした政治家の政策を決定付ける「バイブル」でした。

m_debugger Re: 耐えられない「維新」という言葉のキモさ URL 2009-10-28 (水) 23:08

>ZEDさん

こんにちは。

>日本の「明治維新」がある種の日本人にとって栄光ある近代化の一歩であるのに対して、アイヌや沖縄やアジア各国にとってはあまりに暗いという事を知るべきでしょう。口では「アジア重視」と言いながらアジア侵略のスタート地点である「維新」なんて事を言う辺りが鳩山民主党の限界じゃないでしょうか。

明治栄光論って、他にちょっと例がないほど最悪なDV史観だと思うのですが、「ある種の日本人」にかなりのリベラル・左派が含まれているらしいのが恐ろしいですね。
「戦後日本」は徹底的に根本から問い直さないと、もうどうしようもないと思います。

>日本人の多くは明治維新や2.26事件を好みますが、同じ軍人のクーデターでもエジプトのナセルやブルキナファソのトマス・サンカラ(通称アフリカのゲバラ)、ベネズエラのウーゴ・チャベスを賞賛する日本人はあまりいないという事実に全てが象徴されているような気がします。

左派の間ではラテンアメリカに対する関心はかなり高いようですけどね。
ただ、最近の論調を見ていると、その大半は、結局のところ(あるべき)対米関係へと収斂されていく形での「関心」でしかなかったのかもしれないとも思います。

>「私の坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)様はそんな人じゃありません」

坂本竜馬にしても朝鮮侵略を(条件つきで)支持したわけで、明治維新の「偉人」で(反植民地主義の)歴史の再審を免れる人物はいないでしょう。

問題は、歴史の再審を「告発史観」として批判する人たちが、「つくる会」に代表される右派の歴史修正主義者だけではないことでしょうね。
こういう人たちは、「坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)はそんな人だったかもしれませんが、後世の人間にとやかく言われる筋合いはありません」と言うわけで、なまじ学問的な(?)装いをしている分だけ、上記のファンよりもタチが悪いと思います。

>ちなみにかわぐちかいじは安倍晋三や麻生太郎、石破茂、中川昭一といった政治家に絶大な影響を与えた漫画家であり、噂の真相の記事によると彼らは口を開けばかわぐちかいじや弘兼憲史の漫画がどうだこうだと語ったそうです。

戦国武将に学ぶビジネスの秘訣的な本が無駄に売れる国ですから。
政治家だけではなく一般社員でも「俺は坂本竜馬(高杉晋作や西郷隆盛その他でも可)の再来だ」と勘違いしている人は多いのではないでしょうか。
「島耕作は俺だ」というのも多そうですが・・・。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/31-f0dd2e8c
Listed below are links to weblogs that reference
「明治維新よ、再び!」――鳩山首相の所信表明演説 from media debugger

Home > <佐藤優現象> > 「明治維新よ、再び!」――鳩山首相の所信表明演説

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。