スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/8-0af223f9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from media debugger

Home > スポンサー広告 > <佐藤優現象>裁判に注目を!

<佐藤優現象>裁判に注目を!

 『週刊金曜日』の「金曜アンテナ」に、いつの間にか「今週の裁判」という情報が掲載されるようになっていた。というわけで、今週号(8月28日号)では9月第一週に行われる裁判が紹介されているのだが、私が最も注目している、金光翔さんが新潮社・早川清『週刊新潮』前編集長・佐藤優を訴えた裁判についての情報は、例によって完全に黙殺されている。佐藤優が偽計業務妨害罪などに問われた裁判で有罪が確定したときには(正確にはその前から)、あれだけ暑苦しい反「国策捜査」キャンペーンを張っていたのだから、今回の裁判についてもスルーなどせず、どうせならファッショ的に佐藤を持ち上げてやればよいのに、と思う。

 とはいえ、一民間人(しかも在日朝鮮人)に訴えられて「国策捜査」を主張するのは、さすがの『金曜日』にも無理だろうから、代わりに反「言論の自由」キャンペーンを展開するのはどうだろう。というか、これはまったく冗談抜きに、『金曜日』が佐藤を援護するためには、もう言論の自由を原理的に否定するしかないのである。もちろん、この事情は、新潮社や岩波書店にとっても変わらない。


 言論封殺事件を批判する立場のリベラル・左派ジャーナリズムが直接間接的に言論封殺に関わっているわけだから、これまでメディアでまったく取りあげられることはなくこれからも取りあげられないだろう。だからこそ<佐藤優現象>に疑念を抱いているブロガーや掲示板での書き込みの常連らこそが、この事件にもっと注視し意見を活発に発信するべきだと思う。


 アンチナショナリズム宣言:「法廷に引きずり出される<佐藤優現象> 2」
 http://electric-heel.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/2-c42e.html


 今後、岩波書店社内において、いかなる意味においても擁護のしようがないような、岩波書店と佐藤氏の結託という恥ずべき事態を打開しようという動きが出ることを希望する。それは、最低限の良心と勇気があれば可能なはずだ。

 私にも話させて:「訴状をアップしました/第1回口頭弁論期日」
 http://watashinim.exblog.jp/10145991/

 私たちが<佐藤優現象>を批判するのも、「最低限の良心と勇気があれば可能なはず」である。ここで改めて裁判への全面的な支持を表明し、<佐藤優現象>への対抗を読者にも呼びかけたい。

 【追記】 この裁判の実質的な被告は<佐藤優現象>になると思うので、「<佐藤優現象>裁判」と書いたが、「言論封殺魔とその華麗なるパトロン裁判」、「「論壇の寵児」・論壇の共倒れ裁判」などと呼んでみてもよいかもしれない。それにしても、言論封殺魔が「論壇の寵児」として持てはやされている日本の言論界(特にリベラル・左派界隈)は、どう考えても死亡フラグが立ちすぎではないか。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/8-0af223f9
Listed below are links to weblogs that reference
<佐藤優現象>裁判に注目を! from media debugger

Home > <佐藤優現象> > <佐藤優現象>裁判に注目を!

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。