スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

あんどう URL 2010-05-27 (木) 14:26

> 「超左翼おじさん」というブロガーはネット右翼以下のゴミである。

松竹伸幸さんはゴミ以下ですか。私も違和感は感じましたが、あのエントリーだけでは、松竹さんをゴミと断罪するだけの自信は持てませんでした。厳しい、大胆な言い方だなと思う反面、そこまで否定的な言い方が許されるのか、疑問に思いました。左翼で少数派だからやっているので、世の中を変えることができるようなポジションになれば変わりますよ、ネットだから強めに言っているので、実際にはそうは言いませんよ、ということでしたら、私の杞憂なのでお気になさらないでください。

m_debugger URL 2010-05-27 (木) 15:03

>あんどうさん

ご指摘ありがとうございます。おっしゃることはもっともだと思いますので該当箇所を訂正しました。

jimpower URL 2010-05-27 (木) 21:02

どうもこんにちは。

韓国艇の沈没に対して中国やロシアが慎重な態度を取るのを尻目に鳩山首相が率先して北朝鮮への「独自の制裁」などを口にした一件もヒドかったですね。憲法をコケにするにも程があると言いますか。
あれは現政権が推し進める「解釈改憲」が何であるかをある意味最もわかりやすく端的に象徴する一件であって、「護憲派」ならば真っ先に批判しなければならないシロモノだと私は思うのですが、そういう方向性での反応がいまいち薄く見えるのは気のせいでしょうか。

ところでこの件に関して田母神俊雄氏が「日本政府はウラをとることが必要」と呟いてました。なんかすごくマトモに見えます(笑)。
http://twitter.com/toshio_tamogami/status/14536989065

m_debugger URL 2010-05-28 (金) 09:27

>jimpowerさん

こんにちは。「独自の制裁」とやらはさっそく実現しそうです。

>追加制裁に盛り込まれるのは、北朝鮮への送金の報告基準額を現在の1千万円超から300万円超程度に引き下げる▽日本から北朝鮮への渡航者が現金を持ち出す際に届け出が必要な額を30万円超から10万円超程度に引き下げる、などの措置。在日朝鮮人が北朝鮮に渡航した場合の再入国の制限措置は、人道上問題があるなどとして見送られた。
http://www.asahi.com/politics/update/0528/TKY201005270603.html

「在日朝鮮人が北朝鮮に渡航した場合の再入国の制限措置」以外の「措置」なら「人道上問題」がない、と言いたげなところが恐ろしいです。「護憲派」の批判もあまり聞かないですよね・・・。

>ところでこの件に関して田母神俊雄氏が「日本政府はウラをとることが必要」と呟いてました。なんかすごくマトモに見えます(笑)。

この人がマトモに見える日本の言論状況って、もう完全に末期状態ですね(笑)。天安号沈没事件については、軍当局の調査結果に合意せず、沈没の原因を「座礁」と「衝突」であると分析した民間調査員が、名誉毀損で訴えられているそうです。取り急ぎ。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-May/004209.html

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/90-7c42003f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from media debugger

Home > スポンサー広告 > 侵略を侵略と見なさ(せ)ない「護憲派」の退廃

侵略を侵略と見なさ(せ)ない「護憲派」の退廃

 最近あまり時間がとれず、すっかり出遅れてしまったが、この間の状況の悪化について、簡単に書いておきたい。

 いきなり結論を述べるが、私は、リベラル・左派の大半が国会法改定に対して反対のポーズさえ取ろうとしていないのは、そもそも「対テロ戦争」への直接的加担――端的には自衛隊の海外派兵と武力行使――が侵略であり、侵略は悪いことであるという感性と判断力をほとんど失ってしまっているからだと思う(▼1)。彼ら・彼女らの多くは明文改憲には反対しており、5月18日の国民投票法施行を受けて、いくつか反対声明も出されているから(もっとも、社民党でさえ国民投票法の施行には反対しているくらいで、どこまでも白々しい「声明」や「談話」も多いが)、国会法改定に関する「護憲派」の沈黙は、彼ら・彼女らの解釈改憲――すなわち実質的な改憲――に対抗する(無)意思と(無)能力を測る有効な指標であると言える。もちろん、これはすでに衆議院を通過した臨検特措法案についても当てはまるだろう。「護憲派」の多くは、自国の軍隊が朝鮮民族を直接殺傷しうる事態の再来をひたすら静観しているのであり、さらに一部はそれを歓迎しているようにさえ見える(▼2)

 本気で不思議に思うのだが、ソマリア・ジブチ共和国、ハイチへの侵略に反対せず、アフガニスタン侵略を可能にする国会法改定にも沈黙し、さらに再び朝鮮侵略にもつながりかねない臨検特措法案を容認している「護憲派」の人々は、大日本帝国のアジア侵略に対抗しようとしなかった当時の日本人と同じ、というよりそれ以上の、罪を犯していることに気づいていないのだろうか?侵略を「国際貢献」と言いくるめるのは、侵略を「大東亜共栄圏の建設」と称するのと同程度に神がかっているように私には思えるし、現在の日本国民は大日本帝国の臣民よりもはるかに多くの権利を手にしているのだから、それに見合う政治的責任を負っていることは明らかである。

 もっとも、彼ら・彼女らがそのことをどれだけ自覚していようがいまいが、自国の軍隊がアフガニスタンや朝鮮の民衆を殺しかねない法律を容認することには、さすがに多少の後ろめたさが伴うだろうから(ただし『マガジン9条』界隈は違うらしいが)、それを合理化するためにも一層歪んだアフガニスタン、北朝鮮、および「平和国家」日本の表象が強く求められることになると思う。具体的には、伊勢崎賢治はこれまで以上に「護憲派」メディアにはびこることになるだろうし、北朝鮮を「ならず者国家」と言い放つ寺島実郎などは『世界』でますます重宝されるのではないか。天安号沈没事件をめぐる報道もそうした文脈で捉えるべきだと思う(これについては韓国の市民団体による「天安号沈没事件の調査結果と発表に対する記者会見文」を参照)。

 さて、国会法の改定案を衆議院に提出したのは、小沢一郎を筆頭に、民主党の議員四名(海江田万里、牧義夫、岡島一正、樋高剛)と、重野安正・社民党幹事長、下地幹郎・国民新党国対委員長の計七名である。重野と社民党は、「〔国民投票〕法施行の今再び、自民党を中心に改憲策動が強まり、改正原案を今国会に提出しようとする動きが出ている。憲法を尊重し擁護すべき義務をかなぐり捨て「米国に追従し、戦争のできる国づくり」を進めようとするタカ派の危険な策動には、断固として対決していく」(日本国憲法の改正手続きに関する法律(改憲手続法)の施行にあたって(談話))などと言いながら、国会法改定案と臨検特措法案の成立に積極的に加担して、民族差別と侵略を正当化しているのであった。社民党自身が「改憲策動」を「強」め、「〔国会法〕改正原案を今国会に提出し」、「憲法を尊重し擁護すべき義務をかなぐり捨て」、侵略「を進めようとする」「策動」の要にあるのだから、これほど人をバカにした「談話」もないだろう。

 ちなみに、国会法改定案には、衆院の定数480人の過半数にあたる、連立与党議員241人が賛成者として名を連ねているという。衆院の連立与党議員は全部で317人だから、実に四人に三人が法案の賛成者になっているわけである。これほどの執着を見せる法案の今国会成立を小沢が簡単に諦めるとは考えにくいので、あまり根拠のない楽観的な報道は真に受けない方がよいと思う。もっとも、それでも「護憲派」の多くは法案に反対しようとしないのかもしれないが。


▼1 「三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会」のブログに公開されているキムチョンミ氏の論考「一九一〇年・二〇一〇年」をぜひお読みいただきたい。


 他地域・他国に侵入し、その地を占領し、その地の生産物や資源を奪い、抵抗する民衆を殺傷することは、犯罪である。それが、人道に反する犯罪であることを、一九四五年八月以前の日本民衆のほとんどは、自覚していなかったのだろう。だから、コトバでは表現できない凶悪な侵略犯罪を、当時の日本民衆は、継続していたのだ。
 一九四五年八月ののちに、日本民衆は、国民的規模で、侵略犯罪をくりかえさないという倫理を回復しただろうか。
 最悪の侵略犯罪者ヒロヒトを病死するときまで天皇としつづけ、いまなお「紀元節」やヒロヒトの誕生日を日本国民の祝日としている日本国民は、侵略犯罪をくりかえさないという倫理を確立できていないのではないか。


 三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会:「一九一〇年・二〇一〇年 3」
 http://blog.goo.ne.jp/kisyuhankukhainan/e/277772177cedc1b88233869e9c4b17bc

▼2 例えばこれなど。http://chousayoku.blog100.fc2.com/blog-entry-448.html

 「超左翼おじさん」というブロガーは、自分がネット右翼と同様の言説を増殖していることに気づかないのだろうか。【5/27 ご指摘を受けて表現を訂正しました。】

Comments:4

あんどう URL 2010-05-27 (木) 14:26

> 「超左翼おじさん」というブロガーはネット右翼以下のゴミである。

松竹伸幸さんはゴミ以下ですか。私も違和感は感じましたが、あのエントリーだけでは、松竹さんをゴミと断罪するだけの自信は持てませんでした。厳しい、大胆な言い方だなと思う反面、そこまで否定的な言い方が許されるのか、疑問に思いました。左翼で少数派だからやっているので、世の中を変えることができるようなポジションになれば変わりますよ、ネットだから強めに言っているので、実際にはそうは言いませんよ、ということでしたら、私の杞憂なのでお気になさらないでください。

m_debugger URL 2010-05-27 (木) 15:03

>あんどうさん

ご指摘ありがとうございます。おっしゃることはもっともだと思いますので該当箇所を訂正しました。

jimpower URL 2010-05-27 (木) 21:02

どうもこんにちは。

韓国艇の沈没に対して中国やロシアが慎重な態度を取るのを尻目に鳩山首相が率先して北朝鮮への「独自の制裁」などを口にした一件もヒドかったですね。憲法をコケにするにも程があると言いますか。
あれは現政権が推し進める「解釈改憲」が何であるかをある意味最もわかりやすく端的に象徴する一件であって、「護憲派」ならば真っ先に批判しなければならないシロモノだと私は思うのですが、そういう方向性での反応がいまいち薄く見えるのは気のせいでしょうか。

ところでこの件に関して田母神俊雄氏が「日本政府はウラをとることが必要」と呟いてました。なんかすごくマトモに見えます(笑)。
http://twitter.com/toshio_tamogami/status/14536989065

m_debugger URL 2010-05-28 (金) 09:27

>jimpowerさん

こんにちは。「独自の制裁」とやらはさっそく実現しそうです。

>追加制裁に盛り込まれるのは、北朝鮮への送金の報告基準額を現在の1千万円超から300万円超程度に引き下げる▽日本から北朝鮮への渡航者が現金を持ち出す際に届け出が必要な額を30万円超から10万円超程度に引き下げる、などの措置。在日朝鮮人が北朝鮮に渡航した場合の再入国の制限措置は、人道上問題があるなどとして見送られた。
http://www.asahi.com/politics/update/0528/TKY201005270603.html

「在日朝鮮人が北朝鮮に渡航した場合の再入国の制限措置」以外の「措置」なら「人道上問題」がない、と言いたげなところが恐ろしいです。「護憲派」の批判もあまり聞かないですよね・・・。

>ところでこの件に関して田母神俊雄氏が「日本政府はウラをとることが必要」と呟いてました。なんかすごくマトモに見えます(笑)。

この人がマトモに見える日本の言論状況って、もう完全に末期状態ですね(笑)。天安号沈没事件については、軍当局の調査結果に合意せず、沈没の原因を「座礁」と「衝突」であると分析した民間調査員が、名誉毀損で訴えられているそうです。取り急ぎ。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-May/004209.html

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mdebugger.blog88.fc2.com/tb.php/90-7c42003f
Listed below are links to weblogs that reference
侵略を侵略と見なさ(せ)ない「護憲派」の退廃 from media debugger

Home > 改憲/解釈護憲 > 侵略を侵略と見なさ(せ)ない「護憲派」の退廃

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。